Column コラム

【収支改善】面貸し料金と売上のバランスを「どう設定すれば利益が増えるのか」実例を元に解説します。

【はじめに・サロンワークステーションの利用料金で計算していますので、他サロンの場合は収支計算が異なります】

商売は「確実に利益を得る事」そして「繰り返しできる事」が重要

個人の売上げ計算をする時に「客単価」でおおよその売上を求める方がいると思います。当サロンの場合は時間制の面貸し美容室なので「1回の担当で幾らの売上か」を毎回明らかにします。客単価ではなく「担当1名様の売上げが幾らになるか」注目してください。

そして「担当時間=利用料」になるので、差し引きすると1回の利益と経費が確定します。この確定する利益をしっかり把握する事がフリーランスとして大変重要です。(なんとなくで始めると危険しかありませんし、長く続けるためにも最後まで読んでいただけると、少し役に立つかもしれません)

薬剤費などの諸経費を計算に入れなくて良い(薬剤はサロンの商品を使える)

サロンワークステーションは、薬剤費込みなので売上から薬剤費を差し引く必要はありません。むしろ「トリートメント」などの追加メニューがある場合は、直接売上げがスタイリストの追加収入として手元に入ります。

これも「追加できれば」確実な利益であり繰り返せる事です。

先ほどの客単価から計算しない件にも繋がるのですが「時間制だからこそ1回の技術売上が高ければ高いほど収入が増える」このような計算が成り立ちます。

少し話の内容を変えて「輸送」で捉え直します

荷台に満タンの荷物を輸送して、帰りに空で戻っては無駄になります。

行き帰り共に満タンの荷物を輸送すれば、仕事量としては良い方でしょう。さらに良いのは、途中で何回も荷物の集荷と配送を繰り返す事です。

燃料などの輸送費が変わらなければ、繰り返す事で手数料が積み増しされます。ちょっと極端ですし、別業種なので道が外れすぎかもしれません。ですが美容師の仕事も「商売としては」同じように考えることができるのではないでしょうか。

話を元に戻して「実例」につづきます。

①メンズカットの料金内訳(美容師歴10年のスタイリストで6年継続利用中)

  • カット料金・・・・・6500円
  • 眉カット料金・・・・1100円
  • トリートメント・・・1700円
  • 合計・・・・・・・・9300円(税込)
  • —————————————
  • 利用料金75分・・・1650円(税込)
  • ————————————–
  • 収支・・・・・・・・7650円

②メンズカットの料金内訳(美容師歴6年のスタイリストで2年継続利利用中)

  • カット料金・・・・・6500円
  • 合計・・・・・・・・6500円(税込)
  • —————————————
  • 利用料金75分・・・1650円(税込)
  • ————————————–
  • 収支・・・・・・・・4850円

技術メニューの数で「一つ一つ」売上を確実に増やそう

生産性という視点で先ほどの二つを比べると、明らかに①が同じ時間サロンワークした上で価値が高くなります。

サロンワークステーションの特徴は「時間内にいくつも技術提供できる美容師」が利益を得やすい仕組みです。

フリーランスになって料金をどう設定するかは自由なので「1メニューで終わるのではなく、プラストリートメントやカラーリング、パーマなどの技術提案」で確実にサロンへの支払金額から「大きな利益」を得ることができるようになります。

もう一つのポイントは利益率が高くなる「仕入費用無し」という仕組み

美容師がなぜ利益率が良いかはご存知の通り「技術」を自らが提供できるからです。お客様を担当することが当たり前になりすぎて、忘れてしまっていたら大変です。

顧客様から指名予約をもらえる方なら、誰でもその「技術」で美容師としての収入を得ることが可能です。ただ「美容師として個人担当する意思」がない場合はせっかくの技術を提供できません。

面貸し料金と売上のバランスを「どう設定すれば利益が増えるのか」とは?

生産性を高めるために「たとえ少額でも」メニューを追加する。この取り組みで、すぐに結果が出るはずです。

仮にカット料金が3000円でも、眉カットやヘッドマッサージ、カラーリング等を追加する事で「技術料金」は伸びて行きます。

歩合制の料金設定では、追加メニューがあると「同じ利率でサロンに支払い」をすることになりますが、この点もサロンワークステーションでは請求されません。(歩合制は全てのメニューに対して請求されるから)

繰り返しになりますが、商売は「確実に利益を得る事」そして「繰り返しできる事」が重要です。なんとなく良さそうだからと見た目や作りでサロンを選択すると、構造的に自分の売上が少なくなることも十分に考えられます。

予約時間内に「集中して効率良くサロンワークする美容師」がフリーランスには求められる

フリーランス美容師として直接お客様の予約に応えるなら、担当人数に関わらず「一人一人のお客様の技術メニューを少しでも増やして担当する」事で、売上が伸びて行くと思います。

例えば、2名のお客様を3時間で担当するのと2時間でいくつかのメニューを掛けわせて担当するのでは、もう明らかですよね。

是非、少ない人数からでも実践できるポイントです。フリーランス美容師を始める事になったら取り組んで見てください。サロンワークステーションのスタイリストは実践していますよ。