Column コラム

【店長日記】少人数の顧客担当を繰り返すサロンワークをおすすめしたいと思うその訳。

サロンを利用しているスタイリストの中に、10名未満の顧客担当を利用目的としている方が在籍しています。

担当者が元のサロンから離れても、「少し場所は変わりますけど」と、ひとこと今後についてお知らせできれば、お客様の担当スタイリストとして継続できる具体的な例だと思います。

そのスタイリストさんが、今週は2名様のカットカラーを担当していきました。

私は、何度もこの方達のサロンワークを見てきて、売上や顧客様の人数に影響されない美容師の続け方としても「美容師の続け方に悩んでるスタイリストの方たちにとって新しい発見になるのでは?」と考えています。

このサロンワークのやり方で、これからは「美容師をする時間も手にしながら他の仕事も続けていきたい」という目的のスタイリストが、さらに増えても良いのではないでしょうか。(就職に限らず美容師のキャリアを手放さないで良いという考えの元という意味です。)

そして、その目的に応えられるサロンが増えたら良いなと思います。