Column コラム

登録費用・月額利用料金が発生しない「1回から繰り返し使える」サロンワークスペースを2021年も運営します!!

こんにちは、サロンワークステーションの立花です。2021年1月8日から二度目の緊急事態宣言が発出される事になりました。

この厳しいコロナ禍においても、スタイリストの仕事場として活用できる、登録費用・月額利用料金が発生しない「1回から繰り返し使える」サロンワークスペースを今年も運営します。

はじめに当サロンのユニークな運営スタイルをご説明します。

サロンワークステーションは、スタイリストが利用した1回60分・1500円(税別)のサロン利用料金を元に、「お客様からの売上金額に関わらず」運営を行っています。このユニークな運営スタイルは、初期から変わらず実施中です。

この運営スタイルは、月額利用料金などのスタイリストが毎月支払う維持費が発生せず、お客様の担当1回から利益を得られる特徴を持った運営スタイルです。

アリミノ・ルベル・中野製薬・フィヨーレ・N.(エヌドット)等各種|積極的にカラー剤やパーマ剤などの薬剤提供を行っています!!

更に、サロンワークステーションではカラー剤やパーマ剤など、通常美容室と同じように各種薬剤を取り揃えています。お客様の幅広い要求に応えたいスタイリストに向けて、積極的な薬剤提供を行っています。

なので、サロンの薬剤を使用する事で、登録スタイリストは個人的な薬剤仕入れや薬剤費用を抑えてサロンワークを行えます。

このように強力な薬剤サポートを受けながら、さらに個人的に仕入れたい薬剤については個人仕入れサービスをご利用いただけます。各メーカー一部商品を除いてサロン価20%割引にて1点から販売中です。

個人的な薬剤仕入れについても強力にサポートします。

2021年1月現在の登録スタイリストは25名・継続的なお客様の担当場所として登録スタイリストにスペース提供を行っています。

2021年1月現在では、25名の登録スタイリストとサロンワークスペースを供用しており、各スタイリストが必要なタイミングで活用しています。

サロンワークステーションが求めるコロナ禍のサロンワークスペースの形とは?

サロンでは、昨年コロナウイルス感染防止対策設備を取り入れました。ですが、結果として再び緊急事態宣言の発出による人の行動制限等でウイルスの押さえ込みをする事になりました。

運営者としてこの期間が長くなるのは避けたい一方で、感染拡大防止対策を継続し、今後も変わらずサロンワークができる状態を維持させる事が重要だと考えています。

サロンワークステーションは登録費用など事前のお支払いはありません。

サロンワークステーションでは、スタイリストがサロンワークに利用した後から利用料金をお支払いいただいております。そして、他サロンのような登録費用や月額利用料金・そのほか予約システム利用に対しても料金は発生しません。

この登録費用無しの取り組みについて、実は余り知られていないのが残念です。過去には「本当ですか?」と驚かれた方もいました。

お客様の担当場所探しで困っていたら「強力なサポートを受けられる」サロンワークステーションはいかがでしょうか?

サロンワークステーションは、今はまだまだ小さな美容室ですが、独自の強力サポートを行なって登録スタイリストの皆様に均一で行き届いたサービスを提供したいと考えています。

引き続き感染防止対策を実施しながら、スタイリストの新規受付を行なっております。

新型コロナ感染症の影響により、例年に比べて今後の社会状況が不安視されていますが、皆さまのサロンワークスペースとして変わらずサポートをさせていただきたいと思います。

少しでもサロンに興味のある方は、お問い合わせだけでも結構です。お気軽にお声掛けください!